炎太鼓(ほのおだいこ)

仁多乃炎太鼓

〜島根県奥出雲地方は、かつてわが国有数のたたら鉄の産地であった
日本古来の製鉄法『たたら』は、3日3晩休むことなく炉に燃え上がる
炎と炉をめぐる鉄師たちの闘いである〜


このたたら製鉄を象徴する神秘的で強烈な『たたらの炎』をテーマに
第1部『古代よりの歴史』
第2部『鉄師の魂』
第3部『燃え盛るたたらの炎』の3部形式で、情熱的に打ち鳴らします
続きを読む >>

炎神楽(ほのおかぐら)

炎神楽

〜岡山県は吉備の里に伝わる『桃太郎伝説』
桃太郎に退治された鬼ヶ島の鬼達が実は奥出雲の里へ逃げ隠れたという史実をモチーフに作られた創作神楽〜


鬼ヶ島から逃げてきた鬼達がうっぷんばらしに夜毎里に降りて来ては荒らし回り
困った鉄師や里人たちが神に祈りを捧げ
神の化身『小鍛冶』が舞い降り鬼達を懲らしめた
それ以降良い鬼になり、たたら製鉄を盛り上げていった…
と言う作り話
(神話は作るもの、基は新話 by 師匠)
続きを読む >>

風走る青垣(かぜわたるあおがき)

締ソロで始まり笛のメロディー、チャッパ、かかえソロなど色々な見せ場がある曲

門下生の会【飛の会】参加チーム共通曲

深山(しんざん)

とてもエネルギッシュで掛け合いの面白い曲です

全国の飛鳥門下生が一緒に打ち鳴らすことが出来るように創作された
門下生の会【飛の会】参加チーム共通曲

SAZARE(さざれ)

SAZAREとは砂粒をイメージしています

全国の飛鳥門下生が一緒に打ち鳴らすことが出来るように創作された
門下生の会【飛の会】参加チーム共通曲
締太鼓5本、あるいは3本のみの曲
続きを読む >>

たたら囃子(たたらばやし)

3日3晩不眠不休の操業が終わり、たたら鉄が摂れた時の喜びを表した とても楽しい
囃子です。
この囃子にダンスを取入れ、毎年8月24日の奥出雲最大の夏祭り『あたご祭り』で街中を練り歩きます。
続きを読む >>

雷(いかずち)

雷

雷の如き怒涛の迫力!!
地響きのように身体に響く音が必見(聴?)です。飛炎太鼓も演奏しています

長胴大太鼓(2尺8寸)1基・桶胴大太鼓(4尺)2基・締太鼓での構成
続きを読む >>

打てや囃さん(うてやはやさん)

いろんな太鼓が楽しくソロを打ち鳴らします
太鼓は楽し♪

全国の飛鳥門下生が一緒に打ち鳴らすことが出来るように創作された
門下生の会【飛の会】参加チーム共通曲です
仁多乃炎太鼓では、この曲にダンスを組み合わせて演奏します

K O - D A - M A(こだま)

大太鼓と締太鼓によってその名のとおり木霊をイメージして創作した曲で
女性の大太鼓に男性の締太鼓のアンバランスさと木霊のような掛け合いが聴き所です

女組ばやし(めぐみばやし)

飛炎太鼓の代表曲で
囃子のリズムに乗せてとても可愛く楽しく叩きます
Powered by
30days Album